Kindle Paperwhite(第11世代)レビュー!第10世代との違いを比較して解説!

Kindle Paperwhite(第11世代)レビュー!第10世代との違いを比較して解説!

Kindle端末の中でも最もコスパが良い人気モデル「Kindle Paperwhiteキンドルペーパーホワイト」。

2021年10月に第11世代モデルが発売となり、前モデルの第10世代(2018年発売)と比べて大きく性能が向上しました。

新しいKindle Paperwhite(第11世代)の性能や使いやすさなど気になっている方も非常に多いと思います。

そこで本記事では、実際に私が利用しているKindle Paperwhite(第11世代)の使用感をレビューし、特に前モデル(第10世代)からの進化点についてお伝えさせていただきます。

これまでのKindle Paperwhiteはコスパが良い人気モデルと評判でしたが、新しい11世代モデルはさらに性能が大きく向上しているためKindle Paperwhite史上最もコスパの良いデバイスに仕上がっています。

アーク

私は第10世代モデルからKindle Paperwhiteを愛用していますが、第11世代モデルは自信を持っておすすめできるデバイスです!

コスパ最強の人気モデル
¥16,980 (2022/06/25 17:21時点 | Amazon調べ)

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いた人
  • Kindleでの読書歴は2年以上
  • 年間の読書数は100冊ほど
  • Kindle Paperwhite(第11世代)を愛用
アーク

スポンサーリンク

目次

Kindle Paperwhite(第11世代)の外観

Kindle Paperwhite(第11世代)の外観

Kindle Paperwhite(第11世代)はこのようなパッケージで商品が届きます。

Kindle Paperwhite(第11世代)のパッケージ

パッケージを開封すると、以下の同梱品が確認できます。

Kindle Paperwhite(第11世代)の同梱品
Kindle Paperwhite(第11世代)の付属品一覧
  • Kindle Paperwhite 本体
  • 充電ケーブル(UCB-C)
  • 説明書

Kindle Paperwhite(第11世代)の表面と背面はこんな感じ。

Kindle Paperwhite(第11世代)の外観
Kindle Paperwhite(第11世代)の裏面
アーク

第10世代と比べるとディスプレイサイズも大きくなり、背面のAmazonロゴが取れてよりシンプルになったのは個人的に嬉しいポイント!

Kindle Paperwhiteの裏面のロゴの比較(第10世代vs第11世代)
左:第10世代 右:第11世代

重さは215gと非常に軽く、片手で持つことができるサイズ感です。

Kindle Paperwhite(シグニチャーエディション)の重さ
片手で掴めるサイズ感

実際にディスプレイで表示される文字はこのような感じで、解像度も300ppiあるので非常に鮮明に見えますね。

解像度も300ppiあるので文字もくっきり表示されて見やすい
『人を操る文章術』DaiGo

↑目次へ戻る

【ここが大きく進化】第10世代と第11世代の比較

【ここが大きく進化】第10世代と第11世代の比較

冒頭でもお伝えしたように、Kindle Paperwhite(第11世代)は前モデル(第10世代)より大きく性能が向上しました。

ここではKindle Paperwhiteの第10世代と第11世代の違いを比較して、進化した点をお伝えさせていただきます。

スクロールできます
Kindle Paperwhite
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
発売年2018年2021年
価格(8GB)13,980円(広告あり)
15,980円(広告なし)
14,980円(広告あり)
16,980円(広告なし)
価格(32GB)15,980円(広告あり)
17,980円(広告なし)
19,980円(広告なし)
*シグニチャーエディション
ディスプレイ6インチ6.8インチ
解像度300ppi300ppi
フロントライトLED5個LED17個
サイズ167×116×8.18mm174×125×8.1mm
重さ182g(wifi)
191g(wifi+無料4G)
205g
インターネット接続仕様Wi-Fi/Wi-Fi+無料4GWi-Fi
バッテリー1日30分の使用で約6週間程度1日30分の使用で約10週間程度
充電ケーブルmicro USBUSB-C
ワイヤレス充電非対応一部対応
*シグニチャーエディション
色調調整ライト機能非対応対応
明るさ自動調整非対応一部対応
*シグニチャーエディション
防水機能IPX8等級
*深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がない
IPX8等級
*深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がない
端末カラーブラック/セージ/トワイライトブルー/プラムブラック
Kindle Paperwhite(第10世代)のレビュー記事はこちら

具体的に前モデル(第10世代)から比べて新モデル(第11世代)で改良された点が以下の5つです。

アーク

画面サイズ、明るさ、動作速度が前モデルよりも大きく進化しているので、より快適に電子書籍が読めるようになりました!

1.ディスプレイサイズが6.8インチに大きく

Kindle Paperwhite本体のディスプレイサイズですが、6インチ(第10世代)から6.8インチ(第11世代)に大きくなりました。

ディスプレイサイズの比較
左:第10世代 右:第11世代

画面サイズは大きくなったとはいえ、その分ベゼル(液晶ディスプレイの外枠部分)が細くなっているので、本体サイズはほとんど変わっていません。

重さは10~20gほど重くなっていますが、全然違いが分からないレベルです。

Kindle Paperwhite
第10世代
Kindle Paperwhite
第11世代
ディスプレイ6インチ6.8インチ
本体サイズ167×116×8.18mm174×125×8.1mm
重さ182g(wifi)
191g(wifi+無料4G)
205g

画面が大きくなったことで表示される文字の量も増え、1ページでより多くの文字情報をおさえられるようになりました

第11世代の方が1画面に収まる文章量が多い
左:第10世代 右:第11世代

2.フロントライトのLEDが17個搭載されてより明るく

フロントライトに搭載されているLEDの数は5個(第10世代)から17個(第11世代)に増加しています。

Kindle端末はスクリーン下部に配置されたLEDライトが上方向に画面を照らす構造になっており、LEDライトの搭載が多いほどより明るくくっきり表示できます。

下の画像で見比べていただけると、LEDの搭載数が多い第11世代の方がより白くはっきり映っていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

Kindle Paperwhite(第11世代)の方がより明るい
左:第10世代 右:第11世代

3.新しく色調調整ライト機能が搭載

これまでは最上位モデルのKindle Oasisにしか搭載されていなかった色調調整ライト機能がKindle Paperwhiteにも搭載されるようになりました。

色調調整ライト機能とはスクリーンの色調を明るいホワイトからアンバーへ色の暖かさを調整できる機能です。

Kindle Paperwhite(第11世代)は色の暖かみを調整できる
左:第10世代 右:第11世代

場所の明るさや暗さにかかわらず、様々な環境で利用できるようになりましたし、暗い部屋でもより目に負担がかからない端末となりました。

4.充電ケーブルがUCB-Cに変更

充電ケーブルの様式もmicro USB(第10世代)からUSB-C(第11世代)に変更されています。

第11世代より充電ケーブルがUCB-Cに変更
アーク

最近はmicro USBで充電するデバイスも少なくなってきていますし、USB-Cでケーブルを統一したいという方も多いので嬉しい変更ですね!

5.ページめくりの動作速度が20%ほど速くなった

実際に新しく購入したKindle Paperwhite(第11世代)を使ってみて大きく感動したのが、ページめくりの動作速度が速くなったということです。

Amazon公式では前モデル(第10世代)と比べて20%ほど速くなったと表記がありますが、個人的な体感としては数字以上に第11世代の操作性が優れていると感じています。

アーク

第10世代では画面をタップしてからページが切り替わるのに一瞬遅れが生じていましたが、第11世代ではタップと同時に画面が切り替わります!

コスパ最強の人気モデル
¥16,980 (2022/06/25 17:21時点 | Amazon調べ)

↑目次へ戻る

第11世代から新しくシグニチャーエディションが登場

第11世代から新しくシグニチャーエディションが登場

Kindle Paperwhite(第11世代)から新しくシグニチャーエディションが登場しました。

シグニチャーエディションはこれまで紹介してきたKindle Paperwhite(第11世代)に以下の機能が加わった特別仕様モデルです。

アーク

より高機能となっているので、通常モデルよりも3,000~5,000円ほど価格も高くなります。

大容量の32GB

通常のKindle Paperwhite(第11世代)は容量が8GBとなっていますが、シグニチャーエディションの容量は32GBです。

この本体ストレージの容量はKindle端末で保存できる書籍の量に直結します。

小説やビジネス書といったテキスト主体の本を読む場合は8GBでも数千冊保存することができるので問題ありません。

ただし、漫画を読む目的だと8GBでは100冊程度しか保存ができないので、Kindle Paperwhiteで漫画をたくさん読みたいという方はより多くの冊数を格納できる32GBを選んでおきましょう。(32GBであれば400冊程度保存可能)

明るさ自動調整機能

明るさ自動調整機能とは、周囲の明るさに応じてディスプレイを最適な明るさに調整してくれる機能です。

これまでは最上位モデルのKindle Oasisのみに搭載されていましたが、Kindle Paperwhiteシグニチャーエディションにも明るさ自動調整機能が搭載されています。

周囲の明るさに応じてディスプレイが輝度を自動的に調整してくれるので、外部環境が変化してもいつでも快適に読書が楽しめます。

ワイヤレス充電対応

シグニチャーエディションはKindle端末で初めてワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電スタンドは別売りになりますが、これがあるとわざわざKindle Paperwhiteにケーブルをつないで充電する必要がなくなるのでかなり便利です。

シグニチャーエディションならワイヤレス充電が可能

デザインも非常にスタイリッシュなのでインテリアとしても映えますし、Kindle Paperwhiteの定位置が定まるのも読書好きな人にとっては嬉しいポイント。

また、厚さ4mmまでのカバーであれば装着したまま縦置きで充電可能です。

カバーをつけたままでもワイヤレス充電可能
シグニチャーエディションの詳細が知りたい方はこちら

↑目次へ戻る

Kindle Paperwhite(第11世代)を買うべき人

Kindle端末は現行のモデルとして「Kindle(無印)」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の3つが発売されています。

Kindle端末の種類と価格

Kindle Paperwhiteはちょうど中間に位置付けられたデバイスで、もともとコスパの高い人気モデルでした。

そして2021年10月に発売された第11世代ではさらなる進化を遂げ、これまで以上にコスパの良いモデルに生まれ変わっています。

最上位モデルのKindle Oasisと比べてもスペックの差が縮まっていますし、私はこれからKindle端末で読書を始めてみようと考えているほとんどの方にKindle Paperwhiteをおすすめします。

Kindle Paperwhite(第11世代)があれば、基本的にどんな環境でも快適に読書することが可能です。

  • 比較的大きな画面(6.8インチ)で本が読める
  • 解像度(300ppi)も高く、LEDも17個搭載されているので明るくくっきり文字が読める
  • 色の暖かみも変更できるので暗い場所でも読める
  • ページめくりの速度も気にならずストレスフリーで読める
  • 防水機能が搭載されているのでお風呂でも読める

逆にここまでの機能は不要で、とにかく価格を抑えてKindle端末を購入したいという方は「Kindle(無印)」でも十分ですし、一切の妥協なく最高の読書環境を手にしたいという方は「Kindle Oasis」を選びましょう。

Kindle端末の最適な選び方はこちらの記事で解説

↑目次へ戻る

Kindle Paperwhite(第11世代)の評判・口コミ

Kindle Paperwhite(第11世代)の評判・口コミ

実際にKindle Paperwhite(第11世代)を利用している方々の口コミをTwitterで調査してみました。

他の利用者がどのように感じているのか気になっている人もいらっしゃると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

Kindle Paperwhite(第11世代)の良い評判

Kindle Paperwhite(第11世代)の良くない評判

↑目次へ戻る

まとめ:Kindle Paperwhite(第11世代)があれば快適に読書ができる!

以上、2021年10月に発売されたKindle Paperwhite(第11世代)の使用感をレビューし、特に前モデル(第10世代)からパワーアップした点についてお伝えさせていただきました。

私は前モデル(第10世代)からKindle Paperwhiteを2年以上愛用し続けてきましたが、新モデル(第11世代)はより画面が大きくなって、明るさも柔軟に調整できるようになり、ストレスなくスムーズに本が読めるようになったと実感しています。

本文中でも多々触れましたが、Kindle Paperwhiteは現行においては最もコスパが良い人気モデルですし、最上位モデルのKindle Oasisとの差も縮まってきているのでほとんどの人におすすめできます。

ぜひこれからKindle端末で電子書籍を読んでみたいという方は新しく進化したKindle Paperwhite(第11世代)で素敵な読書をお楽しみください。

アーク

素敵なKindle読書ライフを!

コスパ最強の人気モデル
¥16,980 (2022/06/25 17:21時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次