【ポイント還元率UP】Amazonタイムセール開催中(~2/5まで)

【最新版】Kindle端末の容量は何ギガがおすすめ?8GB/16GB/32GBごとに何冊入るか検証!

【最新版】Kindle端末の容量は何ギガがおすすめ?8GB/16GB/32GBごとに何冊入るか検証!
  • Kindle端末の容量は8GB、16GB、32GBのどれを選ぶべき?
  • 8GB、16GB、32GBごとにそれぞれ何冊の電子書籍が入るのか具体的な数値が知りたい!
  • Kindle端末は8GBで十分ってよく聞くけれど、本当?

これからKindle端末の購入を検討されている方は容量を何GBにするかで悩んでいるのではないでしょうか?

特に人気モデルのKindle Paperwhiteは2022年10月より選べる容量が8GB、16GB、32GBの3種類に増えましたので、余計に悩みますよね。

先に私なりの結論をお伝えしておくと、

小説やビジネス書が中心なら8GBで十分
漫画を読むなら16GBもしくは32GBを選ぶ

となります。

このようにお伝えしていることにはしっかりとした理由があり、具体的にそれぞれの容量に何冊の本が入るのかを数値で確認いただければ理解していただきやすいかと思います。

そこで本記事では、8GB、16GB、32GBの容量ごとに小説、ビジネス書、漫画がどれくらいの冊数格納することができるかを検証してみました。

本記事を読んでいただければ、Kindle端末を購入する際に容量選びで迷わなくなりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いた人
  • 現行のKindle端末を全て所有するKindle愛好家
  • 年間の読書数は100冊ほど
  • 8GB、16GB、32GBの端末をそれぞれ所有
アーク

スポンサーリンク

目次

Kindle端末の容量は全部で4種類

Kindle端末の容量は全部で4種類

2022年10月より新しいモデルが登場したことで、Kindle端末の容量は「8GB」「16GB」「32GB」「64GB」の4種類になりました。

この容量の大小によって、Kindle端末に保存できる本の冊数が異なります。

現在、Kindle端末には「Kindle(無印)」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」「Kindle Scribe」の4モデルが展開されており、以下の表に容量と価格の関係をまとめました。

スクロールできます
容量Kindle無印
第11世代
Kindle Paperwhite
第11世代
Kindle Oasis
第10世代
Kindle Scribe
第1世代
8GB14,980円【広告あり】
16,980円【広告なし】
29,980円【広告あり】
31,980円【広告なし】
16GB10,980円【広告あり】
12,980円【広告なし】
15,980円【広告あり】
17,980円【広告なし】
51,980円【広告なし】
32GB19,980円【広告なし】32,980円【広告あり】
34,980円【広告なし】
54,980円【広告なし】
64GB59,980円【広告なし】
詳細 Amazon Amazon Amazon Amazon

通常のモデルに加えてキッズモデルも販売されており、「Kindleキッズモデル」が16GB、「Kindle Paperwhiteキッズモデル」が8GB・16GBから選べるようになっています。

Kindle端末の選び方はこちらで解説

↑目次へ戻る

【容量比較】8GB/16GB/32GBにはそれぞれ何冊入る?

【容量比較】8GBと32GBはそれぞれ何冊入る?

では、実際にKindle端末の「8GB」「16GB」「32GB」の容量ごとに、小説やビジネス書、漫画をどれくらい格納することができるのかを見ていきましょう。

と、その前にお伝えしておかなければならないのが、Kindle端末に表記されている容量はまるまる使えるわけではないということです。

「8GB」「16GB」「32GB」と記載されている容量はシステム関連にも使われているので、実際の容量はもっと少ないです。

アーク

実際に私が保有している「8GB」「16GB」「32GB」の実機の画面をお見せしますね。

8GB、16GB、32GBの実際に使用できる容量の比較

実際のストレージを確認すると、

  • 8GB→6.23GB
  • 16GB→13.37GB
  • 32GB→27.3GB

しか利用できないことがお分かりいただけると思います。

なので、今回の検証では実際に使用できる容量をもとに算出しています。

前置きが長くなってしまいましたが、「8GB」「16GB」「32GB」の容量ごとに、小説、ビジネス書、漫画が何冊入るのか検証してまとめた結果がこちらです。

8GB16GB32GB
小説1,979冊4,247冊8,673冊
ビジネス書988冊2,120冊4,329冊
漫画93冊200冊409冊
アーク

小説やビジネス書であれば8GBでも多くの電子書籍が格納できますが、容量が大きい漫画になると保存できる数が少なくなりますね。

64GBについては検証しておりませんが、おおよそ32GBの倍の冊数が格納できると考えてください。

小説|8GBでも数千冊入る

小説は容量が小さい8GBでも数千冊格納することができます。

今回の検証では、以下の小説10冊の容量を平均して算出しました。

タイトル著者ページ数容量(KB)
余命10年小坂流加304716
何者朝井リョウ2731,510
桜のような僕の恋人宇山佳佑2833,544
とんび重松清4202,133
マネーロンダリング橘玲495798
同志少女よ、敵を撃て逢坂冬馬4936,005
夜行森見登美彦2342,420
夢をかなえるゾウ水野敬也4109,158
告白湊かなえ2371,323
コンビニ人間村田沙耶香1333,871
平均3283,148

上記10冊の小説の容量の平均値は3,148KBです。

「8GB」に入る冊数……6,230,000KB/3,148KB=1,979冊
「16GB」に入る冊数……13,370,000KB/3,148KB=4,247冊
「32GB」に入る冊数……27,300,000KB/3,148KB=8,673冊

アーク

小説をメインで読まれる方は8GBでも十分です!

ビジネス書|8GBでも十分

ビジネス書は小説と比べて図解や装飾が入るため1冊当たりの容量は少し大きくなりますが、それでも8GBで十分です。

今回の検証で使用した10冊がこちら。

タイトル著者ページ数容量(KB)
人を操る禁断の文章術DaiGo2029,136
苦しかったときの話をしようか森岡毅2886,068
人生の勝算前田裕二1682,680
敗者のゲームチャールズ・エリス26910,646
より少ない生き方ジョシュア・ベッカー2611,096
嫌われる勇気岸見一郎
古賀史健
2599,465
人生がときめく片付けの魔法近藤麻理恵2111,067
幸福の資本論橘玲2799,483
転職2.0村上臣2455,684
スタンフォード式最高の睡眠西野精治2097,743
平均2396,307

上記10冊のビジネス書の容量の平均値は6,307KBです。

小説で求めた時と同じように計算すると、以下のようになります。

「8GB」に入る冊数……6,230,000KB/6,307KB=988冊
「16GB」に入る冊数……13,370,000KB/6,307KB=2,120冊
「32GB」に入る冊数……27,300,000KB/6,307KB=4,329冊

アーク

ビジネス書によっては10MB(10,000KB)を超える本もありますが、それでも多くの冊数が入るのでほとんどの方は8GBでも問題ないですね!

実際に私が過去に利用していたKindle Paperwhite(第10世代)の8GBには計120冊の小説やビジネス書が入っていますが、これでも1.08GBしか使用していません。

漫画|たくさん読むなら32GBを推奨

最後に1冊あたりの容量が大きい漫画の検証結果を見ていきましょう。

今回の検証で利用した漫画10冊がこちら。(全て1巻の情報を基にしています)

タイトル著者ページ数容量(KB)
ONE PIECE尾田栄一郎20867,686
左ききのエレンかっぴー21250,471
ダイヤのA寺嶋裕二199103,069
名探偵コナン青山剛昌18164,966
進撃の巨人諫山創192101,902
BLEACH久保帯人19244,224
NARUTO岸本斉史18854,500
鬼滅の刃吾峠呼世晴19757,972
新テニスの王子様許斐剛18463,964
東京喰種石田スイ22558,828
平均19866,758

上記10冊の漫画の容量の平均値は66,758KBです。

それぞれの容量ごとに漫画が何冊入るのかを計算してみた結果がこちら。

「8GB」に入る冊数……6,230,000KB/66,758KB=93冊
「16GB」に入る冊数……13,370,000KB/66,758KB=200冊
「32GB」に入る冊数……27,300,000KB/66,758KB=409冊

漫画の場合、小説やビジネス書と比べて1冊あたりの容量がかなり大きくなるので、「8GB」だと物足りない人が多いのではないでしょうか。

アーク

漫画をたくさん読みたい方は「16GB」もしくは「32GB」を購入しましょう!

↑目次へ戻る

スポンサーリンク

Kindle端末の容量を選ぶ際の注意点

Kindle端末の容量を選ぶ際の注意点

Kindle端末の容量について、小説やビジネス書、漫画がそれぞれ何冊くらい入るかイメージできるとだいぶ選びやすくなったのではないでしょうか。

ただし、容量選びに関してはいくつか注意点がありますので、以下の3点だけでも押さえておきましょう。

Kindle端末購入後に容量を追加することはできない

Kindle端末の容量は後で追加することはできません。

最初はとりあえず「8GB」にしておいて、後から必要になったらお金を払って「16GB」や「32GB」に変更するといったことはできないので、容量が心配な人は「16GB」もしくは「32GB」を選択することをおすすめします。

Kindle(無印)とキッズモデルは16GBのみしか選べない

エントリーモデルのKindle(無印)とキッズモデルは「16GB」の容量しか用意されていません。

Kindle(無印)は第11世代から解像度が300ppiに上がり、漫画も読みやすいモデルに生まれ変わりました。

ただし、「16GB」だと漫画は200冊程度しか格納できないので、漫画をたくさん読みたい方は上位モデル端末の「32GB」を購入しましょう。

端末から本を削除して容量を調整することは可能

もし、Kindle端末の容量がいっぱいになってしまったら、Kindle端末から本を削除することで容量を調整することが可能です。

アーク

Kindle端末からダウンロードした本を削除することで容量が空くので、新たに本を保存できるようになります。

ダウンロードした本の削除方法

Kindle端末から電子書籍を削除したとしても、Amazonのクラウド上にはデータが残ので安心してください

なので、容量を空けるためにKindle端末から削除した本をもう一度読みたくなったら再度ダウンロードすれば読み直せます。

ただし、Amazonアカウントから本を削除してしまうと、完全にデータが消失してしまいます。この場合、読み直したくても新しく再度電子書籍を購入しなければならないので、気をつけてください。

↑目次へ戻る

Kindle端末の容量の選び方

Kindle端末の容量の選び方

本記事の検証を通じて、「8GB」「16GB」「32GB」の容量にどれくらいの本が格納できるのかイメージを掴んでいただけたのではないかと思います。

8GB16GB32GB
小説1,979冊4,247冊8,673冊
ビジネス書988冊2,120冊4,329冊
漫画93冊200冊409冊

基本的には自身がどのような種類の本をどれくらいKindle端末に保存したいかという観点で容量を選んでいただければ大丈夫です。

最後に8GBの容量で十分な人と32GBの容量が必要な人の特徴をそれぞれ明記しておきますので、ぜひ参考にしてください。

8GBだと容量が足りず、32GBだと容量が多すぎると感じる人は間の16GBを選択しましょう。

8GBの容量で十分な人

以下の条件に当てはまる方はKindle端末の容量は8GBで十分です。

  • 小説やビジネス書といったテキスト主体の本を中心に読む
  • 漫画や雑誌などの容量が重いものはスマホやタブレットで閲覧する
  • 容量がいっぱいになった時に本を入れ替えることに抵抗がない
  • 読み放題のサービスを中心にKindle端末を活用する

これまで述べてきたように小説やビジネス書といったテキスト主体の本であれば、1冊当たりの容量も比較的小さいので「8GB」でも数千冊保存することが可能です。

なので、Kindle端末で漫画を読まない方や漫画を読むときはスマホやタブレットを活用する方は「8GB」を選んでいただいて問題ありません。

また、先ほど説明したとおり、Kindle端末から電子書籍を削除することで新たに本を保存することができるので、仮に容量がいっぱいになったとしても本を入れ替えるのに抵抗がない方も「8GB」を選んで大丈夫でしょう。

同じ要領で、Prime ReadingKindle Unlimitedなどの読み放題サービスを中心に利用される方は、上限の20冊を超えると本を返却しないといけない仕組みになっているので、そこまで容量の心配がいりません。

アーク

個人的には漫画をたくさん読まない方であれば「8GB」で十分だと思っています!

コスパ最強の人気モデル
¥16,980 (2022/06/25 17:21時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

32GBの容量が必要な人

一方、以下の条件に当てはまる方は「32GB」を選んでおくことをおすすめします。

  • 漫画をたくさん読む
  • その他容量が大きい電子書籍を読む(雑誌、技術書など)
  • 容量を心配することなく長期でKindle端末を活用したい

漫画や雑誌、技術書などの容量が大きい電子書籍は「8GB」だとすぐに容量が足りなくなる可能性があるので、余裕を持って「32GB」を購入しておきましょう。

また、多読家の方で容量を心配せずに長期でKindle端末を利用したいと考えている方も「32GB」を選んでおくのはアリだと思います。

ちなみに、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisの「8GB」と「32GB」の容量による価格差はどちらも3,000円です。

アーク

3,000円の値段で容量を4倍以上にアップグレードできるのであれば、意外にいい初期投資ではないでしょうか。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
高機能のハイエンドモデル
¥34,980 (2022/06/28 09:56時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

↑目次へ戻る

Kindle端末の容量に関するよくある質問

Kindle端末の容量に関するよくある質問をまとめました。

Kindle端末で空き容量を確認する方法は?

Kindle端末の「設定」→「端末オプション」→「詳細オプション」→「ストレージ管理」より空き容量を確認することができます。

Kindle端末の容量が不足した時の対処法は?

Kindle端末の容量が不足した時はKindle端末上の不要な電子書籍を削除しましょう。Amazonのクラウド上にはデータが残りますので、端末から削除した電子書籍は再度ダウンロードして読むことが可能です。

Kindle端末の「設定」→「端末オプション」→「詳細オプション」→「ストレージ管理」→「アイテムを選択して削除」より不要な電子書籍をKindle端末上から削除することができます。

また、容量がいっぱいになったタイミングで新しいKindle端末に買い替える選択もアリです。

Kindle端末の容量を増やすことはできますか?

いいえ。Kindle端末はSDカードなどの外部メモリを接続して容量を増やすことができません。

容量に不安がある方はあらかじめ大きい容量の端末を購入しておくことをおすすめします。

↑目次へ戻る

まとめ:小説やビジネス書が中心なら8GBで十分

以上、Kindle端末の容量に関して具体的な数値を交えながら「8GB」「16GB」「32GB」の選び方を紹介させていただきました。

初めてKindle端末を購入する際は容量選びで戸惑う部分もあると思いますが、具体的にどれくらいの冊数が保存できるのかイメージできると選びやすくなったのではないかと思います。

記事内では細かい部分もお伝えさせていただきましたが、基本的には

小説やビジネス書を中心に読むなら8GB
漫画を読むなら16GBもしくは32GB

を選べばOKです。

ぜひ本記事を参照にして、適切なKindle端末の容量をお選びください。

アーク

それでは素敵なKindleライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次