【運営者情報】キンドク

【運営者情報】キンドク
アーク

初めまして!『キンドク』を運営しているアークと申します。

このページでは、私の自己紹介と当ブログのコンセプトについて紹介させていただきます。

Profile|Kindleとの出会い

アークのプロフィール
  • 1994年生まれの20代
  • 国立大学の経済学部を卒業
  • 学生時代に読書が好きになり、年間100冊程度の本を読む習慣が身に付く
  • Kindle端末での読書に魅了され、これまで3つの端末を利用
  • メイン端末はKindle Paperwhite
アーク

今となっては毎日Kindleで30分〜1時間程度読書する習慣が身についていますが、大学生になるまでの私は国語という科目が大嫌いで本を読む習慣など全くありませんでした。

センター試験(大学受験)では国語で点が取れない可能性が高いと感じたので勉強時間を減らし、他の6科目でカバーできるように注力していたほどです。

結果論としてこの戦略が功を奏し、第1志望の大学に合格することができましたが、ずっと自分の中では文章を読むことに苦手意識が残ったままでした。

ただ、少しでも文章を読むことに対する苦手意識を払拭したいといった思いがあったり、大学時代に仲が良かった友人が読書好きで本を貸してくれたこともあって、少しずつ本を読むようになりました。

それこそ大学1年生や2年生の頃は年間で数冊から数十冊程度の読書量でしたが、大学3年生になってからは年間で100冊程度の本を読む習慣が身につき、次第に読書に魅了されていきます。

社会人になってからも毎日寝る前に30分〜1時間程度読書する習慣を継続していましたが、これまで読んできた紙の本が積み重なり、ついに収納するスペースがなくなったことに気づきました。

そんな時に、解決策として導入してみたのが「Kindle Paperwhiteキンドルペーパーホワイト」(第10世代)でした。

Kindle paperwhite 第10世代モデル
初めて購入した電子書籍端末「Kindle Paperwhite(第10世代)」

≫Kindle Paperwhite(第10世代)をレビュー!寝る前の読書に最適なデバイス

アーク

最初は紙の本から電子書籍に切り替えることに抵抗がありましたが、初めてKindle Paperwhiteで読書した時の感動は今でも忘れられません!

  • 持ち運びも非常に楽
  • 目に優しく紙の本と変わらない読み心地
  • 紙の本よりも安く購入できる
  • 本の収納スペースが激減
  • ハイライトやメモの機能が便利

実際にKindleを使っていく中で上記のような魅力に気づき、今ではKindle端末は読書の際に手放せない相棒となっています。

≫【必見】Kindleのメリット15選とデメリット5選!評判や口コミも紹介!

アーク

そんなKindleでの読書の魅力を伝えるべく、当ブログではKindleに関する情報発信を行なっています!

Blog Concept|Kindleで読書を楽しむ人を増やす

当ブログ『キンドク』のコンセプトは”Kindleで読書を楽しむ人を増やす”です。

既にお伝えしたように、私自身も紙の本からKindleに読書スタイルを切り替えたことで読書環境が大きく改善したと実感しています。

以前の私と同じようにこれからKindleで読書を始めてみたいという方に向けて、

  • Kindleで読書をする魅力
  • Kindle端末の選び方
  • Kindleに付随する関連サービス
  • Kindleのセール情報
  • 実際に読んだおすすめの本

などの情報を発信していきます。

アーク

これまで累計でKindle端末は3台利用していますし、周辺のアクセサリも含めて自分で購入したものをレビューしていきます!

1人でも多くの方にKindleでの読書を楽しんでもらえるようになれば幸いです。