【Audible】2ヶ月無料キャンペーン実施中(2/29まで)

flier(フライヤー)は意味ない?本の要約サイトを効果的に活用する方法

flier(フライヤー)は意味ない?本の要約サイトを効果的に活用する方法

本の要約サービスとして累計100万人の会員から利用されている「flierフライヤー」。

1冊10分に凝縮してまとめられた様々なビジネス書の要約を読み放題で利用できる点が魅力ですが、「本当にflierを利用する意味はあるの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

結論、flierは読書のサポートツールとして本の選定や内容の理解を深めるのに大いに役立ちます。

アーク

私も毎月5~10冊のビジネス書を読んでいますが、flierは読書の相棒として必要不可欠な存在です!

本記事では、flierの要約が意味ないと言われる理由を考察したうえで、flierを効果的に活用する方法を実体験に基づいて紹介させていただきます。

また、flierを利用すべき人とそうでない人の特徴についても言及しているので、flierに興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

当サイトからの申し込みで10%OFF

いつでも途中解約OK

この記事を書いた人
  • flierのゴールドプランに加入
  • 年間100冊程度の本を読んでいる読書家
  • 現行のKindle端末を全て所有
アーク
目次

flier(フライヤー)の要約が意味ないと言われる理由

flier(フライヤー)の要約が意味ないと言われる理由

「flierは使う意味がない」と考えられている主な理由には以下の3つが挙げられます。

アーク

私もflierを利用する前は一部疑っていたところがありましたが、実際に利用してみるとそんなことはありませんでした!

本の要約だけだと内容は身につかないのでは?

flierのサービスの売りは1冊10分にまとめられた要約ですが、「たった10分だけの要約を読んで意味あるの?」「ちゃんと本を読まないと意味ないよね?」と疑問に感じている人が多いのではないでしょうか。

たしかに、本を丸ごと1冊読む場合と比べると触れられる情報量は格段に下がります。

ただ、その分要点がギュッと凝縮されているので、効率的にインプットするのには大いに役立ちます。

もともと本を読む習慣がない人やあまり読書に時間を割く余裕がない人は何もしないよりもflierの要約に目を通して知識を効率的にインプットした方が良いのは間違いありません。

単純にflierの要約だけを読んでいる人もいますが、真価を発揮するのは要約に目を通したうえで実際に興味がある本を読んだときです。

本の要点を押さえた状態で読んでみたいと思えた本はあなたに必要な本ですし、大枠を理解した状態で読めるのでより内容が頭に入ってきやすいです。

アーク

flierの真髄は本の選定と内容の理解度を深める補助的な役割にあります!

Youtubeの要約動画で十分では?

最近はYoutubeの本の要約・書評チャンネルも多く、「Youtubeの動画で十分では?」と感じている人も多いのではないでしょうか。

Youtubeの要約動画も非常に素晴らしいですが、良くも悪くも発信者の解釈が介在します。

アーク

発信者ごとに意見や切り口が異なるのがYoutubeの付加価値ですからね!

対して、flierは経験豊富な専門ライターが本の要点のみを綺麗にまとめた要約が多いです。

社内でクオリティーチェックもされており、全ての要約は出版社・著者の許可を得た高品質な要約ばかりです。

この手の要約系コンテンツは本を購入する際の判断材料や本の内容を予習・復習する際に役立ちますが、書き手の解釈が介在しないflierの方がより適していると感じています。

私は本の選定や予習の段階では書き手の解釈が入らない綺麗な要約が読みたいのでflierを利用し、その後同じ本を読んだ人がどのように感じたのか知りたい時はYoutubeの動画を見ています。

アーク

同じ要約コンテンツでも特性は全然違う!

月額2,200円は高くない?

flierの全ての要約が読み放題で利用できるゴールドプランは月額2,200円です。

「本の要約を読むだけなのに書籍1冊よりも高い月額料金を支払うのは意味なくない?」と感じている人もいるのではないでしょうか。

個人的には1冊あたり1,500円かかるビジネス書の要点を制限なく閲覧することができますし、本を買う失敗を減らせることも考えるとそこまで割高に感じません。

サブスク型の料金体系なので必要なければいつでも解約できますし、読書習慣が身についている方やこれから読書習慣を身につけたい方は利用価値が高いと思います。

ちなみに当サイト経由でflierをお申し込みいただければ、月額料金が永久に10%OFFの1,980円でご利用いただけます。

↑目次へ戻る

flier(フライヤー)を効果的に活用する方法

flier(フライヤー)のおすすめ活用法

では具体的にflierを効果的に活用できるシーンを3つ紹介させていただきます。

アーク

私自身も主に上記の3つの用途でflierを活用しています!

すきま時間に気になるビジネス書の要点をインプット

flierは1冊あたり10分で要約がまとめられているので、すきま時間に活用しやすいです。

電車やバスなどのちょっとした移動時間にflierの要約に目を通すようにするだけでも立派な読書習慣を確立できます。

普段あまり読書に時間を割けない人は様々なビジネス書の要点を掴むだけでも効果的ですし、要約を読んで気になる本があれば実際に本を買って読んでみてください。

アーク

flierの要約は音声でも聴くことができるので、場所を選ばずに使えます!

気になる本を購入する前に自分に必要かどうか判断する

気になるビジネス書があれば、一度flierの要約に目を通してから今の自分にとって読むべき本かどうかを判断してください。

私もこれまでたくさんのビジネス書を読んできたので経験がありますが、「なんか思ってた本と違った……」と感じたことはないでしょうか。

本を購入する段階でミスマッチが起きてしまうと、費用も無駄になりますし、人によっては「勿体無いから一応読まないと……」と時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

先にflierの要約に目を通しておけば、その本の要点も押さえることができますし、自分にとって必要ない本を購入するリスクも下げられます。

アーク

flierを活用するようになってから本選びの失敗が減ったという声はSNSでもよく上がっていますよ!

本の予習&復習として活用する

既にお伝えしましたが、flierが最も効果を発揮するのは要約を見た後に興味がある本を読んだときです。

要約に目を通した後に購入した本は今の自分にとって読むべき価値があると判断した本ですし、漠然と要点を掴めている状態なので本の内容が頭に入ってきやすくなります。

特に私はaudibleaudiobook.jpといったオーディオブックサービスを頻繁に活用していますが、事前にflierで要点を掴んだ状態だと耳でも内容が入ってきやすいです。

また、本を読み終わった後の復習段階でもflierの要約は活用できます。

書き手の解釈が入らない綺麗な要約がまとめられているので、全体の振り返りにも最適です。

アーク

flierの要約はいつでも何度でも気軽に読み返せるので、時間が経ってから本の内容を思い出すために使うのも効果的です!

当サイトからの申し込みで10%OFF

いつでも途中解約OK

↑目次へ戻る

flier(フライヤー)を使う意味がない人

flier(フライヤー)を使う意味がない人

flierは読書のサポートツールとして非常に役立ちますが、以下のような方はflierを使う意味がないかもしれません。

ビジネス書を読まない

flierはビジネス書を中心に要約を配信しているサービスなので、ビジネス書を全く読まない方にはおすすめできません。

小説を楽しみたい方はKindle Unlimitedやオーディオブックを活用することをおすすめします。

Kindle Unlimitedは対象の電子書籍が読み放題で利用できるサービスです。小説のラインナップもかなり充実しているので、十分楽しめますよ。

オーディオブックはプロのナレーターが感情を込めて朗読してくれるので、小説の世界観にどっぷり浸かれます。聴き放題のサービスも充実しているので、ぜひお試しください。

要約で全て代用できると思っている

要約で全て代用できると思っている人にもflierはおすすめできません。

記事内で何度もお伝えしているように、flierの要約に加えて実際に本を読むことで大きな効果を発揮します。

もちろん、ちょっと気になっている程度の本であれば要約で代用しても構いません。

ただ、要約に目を通したうえで、読むべきと感じた本はぜひその後本を購入して読んで欲しいです。

↑目次へ戻る

flier(フライヤー)を利用すべき人

flier(フライヤー)を利用すべき人

一方、以下のような方はflierを利用する価値が非常に大きいです。

気になるビジネス書の要点を効率的に掴みたい

flierは気になるビジネス書の要点を効率的に掴みたい人におすすめです。

取り扱っているカテゴリーも幅広いので、興味がある分野の本の要点を効率的に掴めます。

flierの本のカテゴリー

サクッと10分程度で読めるので、普段自分が読まない分野の本を読むのもいいですし、ビジネスの話題作りのために読むのも効果的です。

ちなみにflierは本の選書にもこだわっていて、経営者や大学教授を交えて「選書委員会」を開き、ビジネスパーソンが今読むべき本を厳選しています。

普段から本を読む習慣がある

私みたいに普段から本を読む習慣がある人はflierを活用することで読書の質が高まります

特に以下の2点で効果を実感できます。

  1. 良い本に出会う確率を高められる
  2. 要点を把握した状態で読書を始められる

様々な読書術でも述べられていますが、「何の本を読むか」スクリーニングすることは重要です。

ただ漠然と興味のある本を読むのではなく、その本を読む目的を明確にして何か自分に得られそうなものはないか期待して本を読むとより有意義な読書になります。

flierの要約に目を通しておけば、自分にとって読むべき本かわざわざ読まなくていい本かが判断できるので、良い本に出会う確率を高められます。

そして、自分にとって良いと期待できる本の要点を把握した状態で読書が始められるので、インプットの質が高まるという観点でも効果的です。

アーク

読書習慣がある人はぜひ読書のサポートツールとしてflierを使ってください!

本を購入する際のミスマッチを減らしたい

本を購入した後に失敗したと感じることが多い人はflierを活用するようにしましょう。

どうしても本のタイトルや目次をサラッと読んだだけでは「思ってた内容と違った……」とミスマッチが起きてしまいます。

要約に目を通せばそのようなミスマッチも起こりにくいですし、無駄な出費もしなくて済みます。

アーク

本選びに失敗したくないという理由でflierを活用している人も多いですよ!

当サイトからの申し込みで10%OFF

いつでも途中解約OK

↑目次へ戻る

flierを効果的に活用するならゴールドプラン一択!

flier(フライヤー)の料金プランは3つ

flierには「フリープラン」「シルバープラン」「ゴールドプラン」の3つの料金プランが設けられています。

本記事で紹介したような効果的な使い方をしたいのであれば、ゴールドプランがおすすめです。

理由はフリープランやシルバープランだと物足りず、flierの良さを活かせないから。

フリープランは20冊程度の無料の要約コンテンツしか見れませんし、シルバープランもそれに加えて有料の要約コンテンツを月に5冊しか見れません。

アーク

1冊10分で要約が読めることを考えると、シルバープランは1ヶ月で1時間未満の利用にとどまってしまいますね……

その反面、ゴールドプランなら3,200冊以上の要約を制限なく閲覧できるので、遠慮なく使い倒せます。

要約が読み放題であることで、様々なジャンルの本の要点を効率的に掴むことができますし、本の選定や予習&復習に活用できます。

flierの公式サイトにも記載がありますが、有料会員のうち90%以上はゴールドプランを選択しているとのこと。

当サイト経由でflierのゴールドプランをお申し込みいただくと、毎月10%OFFの1,980円で利用できますのでぜひご活用ください。(通常は2,200円)

当サイトからの申し込みで10%OFF

いつでも途中解約OK

↑目次へ戻る

まとめ:flierを使う意味がないと言われるのは嘘

以上、「flierを使う意味があるの?」と疑問に感じている方に向けて、実際にflierを活用している立場から効果的な活用方法を紹介させていただきました。

使い方によってflierは意味ないと感じている人もいるようですが、flierの要約と実際の本を組み合わせればかなり効果的な読書ができるようになります。

特に以下のような方はflierを活用する意味が大きいので、ぜひflierを活用してみてください。

  • 気になるビジネス書の要点を効率的に掴みたい
  • 普段から本を読む習慣がある
  • 本を購入する際のミスマッチを減らしたい
アーク

下記のボタンからお申し込みいただければ、7日間無料+永久に月額料金10%OFF(1,980円/月)で利用できます!

当サイトからの申し込みで10%OFF

いつでも途中解約OK

flierの評判・口コミが気になる人はこちらの記事もチェック↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次