【Amazonで試着】Prime try before you buyとは?使い方や注意点を解説!

【Amazonで試着】Prime try before you buyとは?使い方や注意点を解説!

Amazonをよく利用している方なら以下のような不安を一度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

Amazonで欲しかった服や靴を購入したいけれど、もしサイズが合わなかったらどうしよう…?

安心してください!Amazonの「Prime try before you buyプライム トライ ビフォー ユー バイ 」というサービスを利用すれば、今後このような悩みを抱えることはありません。

「Prime try before you buy」は商品のお試しができないといったこれまでのネット通販の弱点を補う画期的なサービスです。

本記事では「Prime try before you buy」のサービス概要や使い方、注意点、評判などを網羅的に解説しておりますので、「Prime try before you buy」の内容が気になる方はぜひ参考にしてください。

アーク

実際に私も「prime try before you buy」を使ってランニングシューズを試し履きしてみたので、リアルな感想をお届けします!

この記事を書いた人
  • Amazonプライム会員歴5年以上
  • 学生の頃にPrime Studentに加入
  • Kindle端末を3台所有
アーク

スポンサーリンク

目次

Prime try before you buyとは|自宅で試着ができるサービス

Prime try before you buyとは|自宅で試着ができるサービス

「Prime try before you buy」を簡潔に説明するなら、Amazonの商品を自宅で快適に試着ができるサービスとなります。

安くて便利なネット通販ですが、これまでは実店舗のように気軽に試着ができないといったデメリットがありました。

このデメリットを覆しにきたのが「Prime try before you buy」で、さすがは世界的大企業Amazonが手掛けるサービスと言ったところです。

「Prime try before you buy」のサービス概要を以下にまとめてみました。

  • Amazonプライム会員なら利用可能
  • 対象となるのは「Prime try before you buy」のロゴがある商品
  • 試着期間は7日間
  • 1度に最大4点まで試すことが可能
  • お試しした商品の購入・返送手続き完了後に再度「Prime try before you buy」が利用できるようになる

「Prime try before you buy」はAmazon会員なら誰でも利用できるのではなく、Amazonの有料会員サービス「Amazon Prime」に加入する必要があります。

「Amazon Prime」は年額4,900円で無料の配送特典が付いたり、「Prime Video」「Prime Music」「Prime Reading」といったサービスが利用できるようになりますが、その特典の1つに「Prime try before you buy」が含まれているという訳です。

お試しができるのはAmazonで販売されている商品の中でも「Prime try before you buy」のロゴが付いている商品となります。

「Prime try before you buy」のマークが付いている商品が対象
出典:Amazon

試着期間は7日間で、1度の注文で最大4点までお試しできます。

例えば、気になる靴があった場合、異なるサイズのものを4つまで注文することができるので、自宅に商品が届いたら自分に最適なサイズを履き比べることができます。

ちょうどいいサイズのものが見つかれば、その後に購入手続きをすることで決済が完了しますし、全て合わないと感じたら全部返品することが可能です。

返送を希望する場合は商品到着時に着払いの返送用伝票(返送料は無料)が付いているので、そのまま段ボールに貼り付けて返送手続きを行うことで完了します。

アーク

とっても簡単ですね!返送方法もコンビニに持ち込んだり、ヤマト運輸に集荷も頼めるので、生活圏内で完結します!

ちなみに「Prime try before you buy」のお試し中に他の商品を同サービスを使ってお試しすることはできません。

今試している商品の購入もしくは返送手続きが完了すると、再度「Prime try before you buy」が利用できるようになります。

↑目次へ戻る

【レビュー】Prime try before you buyの使い方を実演!

では「Prime try before you try」の使い方を実際に私が利用した例を用いて紹介します。

今回、私はアシックスのランニングシューズ「JOLT3」を購入する予定でしたが、サイズの足囲を2Eにするか4Eにするかで悩んでいました。

そこで、気軽に試着ができる「Prime try before you try」を使ってみましたが、手続きは以下の4ステップで完了します。

Prime try before you buyの4ステップ
STEP
「Prime try before you buy」のマークにチェックを入れて注文する

まずは注文予定の商品が「Prime try before you try」の対象になっているか確認しましょう。

以下の画像のように「Prime try before you try」のマークが付いていたら、チェックを入れて注文を行います。

Prime try before you buyにチェックをつける
アーク

ここのチェックはつけ忘れないようにしましょう。
そして、最大4点まで注文することができますよ!

STEP
商品到着後7日以内に試着をする

注文を行ってから数日後に商品が自宅に届きます。(私は2日後に届きました)

配送された段ボールを開けると、商品の箱と返送用の伝票が同封されています。

商品と返送用の伝票が届く

この商品が到着してから7日間の期間でゆっくりと試着することができますので、思ったとおりの商品かどうか、サイズが合うかどうかを確認しましょう。

アシックスのランニングシューズ「JOLT3」

注意すべき点としては、タグを取り外してはいけないということと、屋外での着用はできないということです。

STEP
購入する商品があれば手続きを行う

実際に商品をお試ししてみて、そのまま商品の購入を希望する場合は購入の手続きを行います。

Amazonのページで以下のような画面が用意されているので「購入」を選択します。

購入の手続き

この購入の手続きが完了した段階で料金が決済されます。

アーク

返送を希望される方は「返送」を選択します。

STEP
不要な商品を返送する

返送する場合は、もともと送られてきた段ボールと返送用の伝票を利用します。

返送方法についても説明が書かれていますし、伝票にもお届け先が既に記載されているので非常に丁寧だと感じました。

返送用の伝票と説明

返送用の伝票に記入ができたら、段ボールに伝票を貼り付けて集配所に持っていきましょう。

ちなみに返送方法として以下の4つが利用できます。

  • コンビニ(セブン、ファミマ)に持ち込む
  • ヤマトの営業所に持ち込む
  • PUDOに持ち込む
  • ヤマトに集荷を依頼する
アーク

返送に際して、こちらが負担する費用がないのもありがたいです!Amazonすごすぎるの一言!

手続きは以上で完了します。一度「Prime try before you try」の手続きを終えたら、再度別の商品を試すことが可能です。

スポンサーリンク

↑目次へ戻る

Prime try before you buyを実際に使ってみて感じた3つのメリット

Prime try before you buyを実際に使ってみて感じた3つのメリット

実際にPrime try before you buyのサービスを利用してみて感じたメリットを以下に列挙しました。

  • 手続きが非常に簡単!
  • Amazonでも迷いなく服や靴が購入できる
  • プライム会員なら追加料金なしで利用できる

Prime try before you buyの使い方は既に説明したようにたったの4ステップで完結するのでとても簡単です。

サービス自体も非常に利用しやすく、気軽に試着ができるので、これまでは実店舗で購入することが多かった靴や服もAmazonで購入できるといった選択肢が増えました。

そしてありがたいことに、こんなに便利なサービスであるにもかかわらず、Amazonプライム会員であれば追加料金が一切かかりません。

アーク

返送にかかる料金もAmazon側が負担してくれるのは非常にありがたいです。

↑目次へ戻る

【注意点】Prime try before you buyで気をつけるべきポイント

【注意点】Prime try before you buyで気をつけるべきポイント

Prime try before you buyは非常に便利なサービスでありますが、気をつけるべきポイントもあるので紹介させていただきます。

  • タグは付けたまま試着すること
  • 屋外では試着できない
  • ポイント付与の対象にならない
  • Amazonギフト券の支払いに対応していない
  • すぐに必要なものであれば実店舗に行く方が早い

まず試着に関してですが、タグを取り外してはいけないこと屋外では試着ができないという点にご注意ください。

試着はどのように行う必要がありますか?

試着の際は商品タグをつけたまま行ってください。お届けした商品は室内での試着は可能ですが、屋外では試着をしないでください。返送の際は、商品タグをつけた状態で返送してください。

Amazon
アーク

試着では発生し得ない消耗やダメージがあったりすると返品できない可能性もあるので気をつけましょう。

通常Amazonで購入した商品にはポイントが付与されますが、Prime try before you buyを経由して商品を購入した場合はポイント付与の対象になりません。

Prime Try Before You Buyはポイント付与の対象になりますか?

現在、Prime Try Before You Buyはポイント付与の対象ではありません。

Amazon

また、試着後に購入の手続きを行う場合、通常のAmazonで買い物する時と比べて決済手段が少なくなります。

お支払い可能な決済方法
  • クレジットカード、デビットカード(有効期限が90日以上あるもの)
  • Amazonポイント

特に現金をチャージするとポイントが貯まるAmazonギフト券はPrime try before you buyでは使えない点にご注意ください。

あと、すぐに必要な物だったり、店員さんに着用感などのアドバイスを求めたい場合は直接実店舗に行かれた方が良いです。

↑目次へ戻る

【評判】Prime try before you buyの口コミは?

実際にPrime try before you buyを利用しているユーザーの声をTwitterで調査してみました。

Prime try before you buyの良い評判(口コミ)

Prime try before you buyの悪い評判(口コミ)

↑目次へ戻る

まとめ:Amazonで試着ができる便利なサービス

以上、Prime try before you buyのサービス概要や使い方、メリット・デメリット、利用者の評判を紹介させていただきました。

私自身も今回初めてPrime try before you buyを利用してみましたが、Amazonで気軽に服や靴が注文できるようになる非常に便利なサービスだと感じました。

これまでは実際の商品を気軽に試着できるということは実店舗の強みであり、ネット通販の弱みでありましたが、Amazonが見事に覆してきましたね。

しかもAmazonプライム会員ならば追加料金はかからずに、返送料もAmazon側が負担してくれているのが特に驚きました。

Amazon Primeの特典の中では「Prime try before you buy」はあまり目立っていませんが、隠れ優良サービスだと思います。

Amazon Primeは年額4,900円でめちゃくちゃ豪華な特典が満載ですので、ぜひ利用してみてください。(30日間は無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次