Kindle Scribeのスタンダードペンとプレミアムペンの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

Kindle Scribeのスタンダードペンとプレミアムペンの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

Kindle端末史上初の手書き入力機能が搭載された新モデル「Kindle Scribeキンドルスクライブ」。

電子書籍を読みながらそのままKindle端末にメモを取ったり、ノートを作成して手書きでアイデアを描画することができるデバイスです。

そして、Kindle Scribeを利用する上で必要不可欠なアイテムがスタイラスペンですが、Amazon純正では「スタンダードペン」と「プレミアムペン」の2種類が発売されています。

違いが気になる方もいらっしゃると思うので、本記事ではスタンダードペンとプレミアムペンの違いを比較してまとめました。

結論、プレミアムペンには「消しゴム機能」と「ショートカットボタン」が搭載されている点に優位性があります。

Kindle Scribeのペンをどっちにするか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
  • Kindleでの読書歴は2年以上
  • 年間の読書数は100冊ほど
  • 現行のKindle端末を全て保有
アーク

スポンサーリンク

目次

Kindle Scribeには専用のスタイラスペンが付属

Kindle Scribeは端末の購入と同時に専用のスタイラスペンが付属で付いてきます。

Kindle Scribe本体の容量とペンの種類に応じた価格をまとめた表が以下です。

容量 スタンダードペン付きプレミアムペン付き
16GB47,980円51,980円
32GB54,980円
64GB59,980円
詳細 Amazon Amazon

16GBの端末を購入する場合に限り、「スタンダードペン」か「プレミアムペン」を選ぶことができます。

アーク

価格差は4,000円!

容量が大きい32GBや64GBを購入する場合は「プレミアムペン」が付いてきます。

容量の選び方について悩んでいる方は下記の記事を併せてご参照ください。

↑目次へ戻る

スタンダードペンとプレミアムペンの機能の違い

プレミアムペンの機能

スタンダードペンとプレミアムペンの大きな違いは「消しゴム機能」と「ショートカットボタン」が搭載されているかどうかです。

機能スタンダードペンプレミアムペン
消しゴム機能非対応対応
ショートカットボタン非搭載搭載
単品価格4,980円9,980円
詳細 Amazon Amazon

消しゴム機能は手書きした内容を消したり、修正したい場合にペンで該当箇所をなぞると消せる仕組みになっています。

プレミアムペンのペン先の反対側に消しゴム機能が搭載されています。

アーク

消しゴム付き鉛筆のようなイメージです!

ショートカットボタンはカスタマイズして機能を割り当てることができ、ペンやマーカーの切り替えなどをスムーズに行えるようになります。

違いは上記の2点だけであり、充電やペアリングが不要な点やマグネットで着脱できる点は共通しています。

Kindle Scribeを購入する際にペンは一緒に付いてきますが、ペン単品で購入することも可能です。

スポンサーリンク

↑目次へ戻る

スタンダードペンとプレミアムペンのおすすめはどっち?

スタンダードペンとプレミアムペンのおすすめはどっち?

Kindle Scribeの16GBを購入される方はスタンダードペンとプレミアムペンのどちらを選ぶべきかで迷われるのではないでしょうか?

これまでの内容を踏まえて、それぞれのペンがおすすめな人の特徴を下記にまとめました。

スタンダードペンがおすすめ
プレミアムペンがおすすめ
  • 書く機能さえあれば十分
  • 価格を少しでも抑えたい
  • ペンでなぞって修正したい
  • より便利にKindle Scribeを活用したい

スタンダードペンでも反応よく、高い精度でKindle Scribeに書き込むことができるので、とりあえず書く機能さえあれば十分という方はスタンダードペンを選んでOKです。

一方、よりKindle Scribeを便利に活用するために消しゴム機能やショートカットボタンが必要な方はプレミアムペンを購入することをおすすめします。

アーク

私もプレミアムペン付きで購入しました!

↑目次へ戻る

まとめ:ペンを活用して積極的にアウトプットしよう!

以上、Kindle Scribe専用スタイラスペン「スタンダードペン」と「プレミアムペン」の違いを紹介させていただきました。

改めてまとめると、両者の違いは消しゴム機能ショートカットボタンの有無です。

Kindle Scribeの16GBを購入される方は4,000円の価格差に対し、これらの機能が必要かどうかで判断すると良いでしょう。

Kindle Scribeは付属のペンを活用することで、インプットとアウトプットを両立できるようになるので、ぜひ積極的にご活用ください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次