【注意】Kindle端末を譲渡するなら初期化が必須!おすすめの売却先も紹介!

【注意】Kindle端末をメルカリで出品するなら初期化必須!手順を解説!

以前購入したKindle端末を使わなくなってしまい、メルカリでの売却や家族・友人などへの譲渡を考えていませんか?

もし、Kindle端末を他人へ譲渡することを検討されているのであれば、絶対にやっておくべきことがあります。

それはKindle端末の初期化です。

Kindle端末の初期化をせずに他人に譲渡してしまうと、相手も利用できないですし、あなたのAmazonアカウントが悪用される恐れがあります。

そこで本記事では、Kindle端末を他人に譲渡する際にやっておくべきKindle端末の初期化の手順を画像を用いて分かりやすく解説しています。

また、不要になったKindle端末のおすすめの売却先も紹介させていただきます。

Kindle端末の初期化は非常に簡単ですので、ぜひ本記事を参照にKindle端末の初期化の設定を行なってから他人へ譲渡するようにしてください。

この記事を書いた人
  • 年間100冊程度の本を読んでいる読書家
  • KindleとAudibleで読書を楽しむ
  • Kindle端末を3台所有するKindle愛好家
アーク

スポンサーリンク

目次

Kindle端末を譲渡する前の初期化の手順

Kindle端末を譲渡する前の初期化の手順

Kindle端末を使わなくなってしまった場合、主な譲渡先として挙げられるのが以下です。

  • メルカリ(フリマ)
  • 家族・友人への譲渡
  • 買取サービス

上記の手段でKindle端末を譲渡する場合は、Kindle端末の初期化を行なっておく必要があります。

アーク

初期化の設定は非常に簡単ですので、以下の手順に沿って初期化を行なってください。

STEP
Kindle端末のホーム画面右上より「設定」を選択
Kindle端末初期化の手順1
STEP
「端末オプション」を選択
Kindle端末初期化の手順2
STEP
「リセット」を選択し、リセットを実行する
Kindle端末初期化の手順3

リセットを選択すると、「Kindleをリセットしますか?」と尋ねられるので、「はい」を選択します。

Kindle端末初期化の手順4

すると、数分かけて初期化の手続きが行われますので、画面が切り替わるまでお待ちください。

下記の画面に戻れば、初期化は完了となります。

Kindle端末初期化の手順5

Kindle端末の初期化を行わずに他人へ譲渡してしまうと、Kindle端末内にAmazonアカウントの情報が残ってしまいます。譲渡された側もそのままでは使えませんし、Amazonアカウントの情報が悪用される可能性もあるので注意してください。

また、Kindle端末側の設定と併せて、Amazonのアカウントからもリンクを解除しておきましょう。

【手順】
1.Amazonのウェブサイトにログインし、アカウント&リストより「コンテンツと端末の管理」を選択

2.端末タブのAmazonデバイスの中から登録を解除したい端末を選択

AmazonアカウントからKindle端末の登録を解除する方法1

3.「登録の解除」を行う

下記の画面が表示されますので、「登録の解除」ボタンを押せばAmazonアカウントから登録が解除されます。

AmazonアカウントからKindle端末の登録を解除する方法2

↑目次へ戻る

Kindle端末を売却するならどこがおすすめ?

Kindle端末を売却するならどこがおすすめ?

Kindle端末で初期化の設定を行い、Amazonアカウントから登録の解除をすることができれば第三者への譲渡が可能になります。

家族や友人などの身近な人にKindle端末を譲る人もいらっしゃると思いますが、中にはどこで売却すればいいのか分からないといった人もいると思います。

そこで、使わなくなってしまったKindle端末のおすすめの売却先を2つ紹介させていただきます。

それぞれのサービスを利用するメリット・デメリットや注意点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

フリマアプリならメルカリがおすすめ

メルカリに出品する際に記載した方が良い事項

個人で不要になったモノを売却する際に真っ先に思いつくのが「メルカリ」ではないでしょうか。

メルカリは日本最大のフリマアプリで、個人間でモノをやりとりすることができます。

Kindle端末をメルカリで売却するメリットとデメリットは以下のとおり。

メリット
デメリット
  • 比較的高い値段で売却できる
  • 売却時に手数料(10%)が引かれる
  • 送料がかかる
  • 取引相手とやりとりするコミュニケーションコストがかかる

使わなくなってしまったKindle端末をより高い価格で売却したいのであればメルカリがおすすめです。

Kindle端末は中古でも長く使えるデバイスですし、需要もそれなりにあるのでリセールバリューも比較的高いです。

リセールバリューとは、一度購入したものを販売する際の再販価値のこと

ただし、メルカリに出品すると、値下げ交渉などのやりとりが増えるといったコミュニケーションコストが発生するのはデメリットです。

また、メルカリは売却時に手数料として10%が運営側にもっていかれますし、送料も基本的には出品者側が負担することになります。

アーク

安い値段で売却してしまうと、あまり利益にならなかったということが起こりうるので気をつけてください。

メルカリで出品する際には商品の内容として以下の事項を記載しておくと良いです。

  • 商品名:Kindle Paperwhite
  • モデル:第10世代
  • 容量:8GB
  • 広告:なし
  • 付属品の有無:箱、説明書、充電ケーブル
  • アクセサリーの有無:保護フィルム、本体カバー
  • 状態:問題なく使えるかどうか、傷など

上記は例ですが、商品名とモデル、容量、広告の有無については絶対に記載するようにしましょう。

アーク

これらの項目が抜けていると、購入希望者の方からコメントで質問され、2度手間になってしまいます。

また、付属品やアクセサリーの有無によってより高い値段で売却できる可能性が高くなるので、しっかりとアピールしておきましょう。

あと、本体の状態に関しても悪い内容があるのであれば正直に記載しておいた方が気持ち良いやりとりができるので、しっかりと記載しておきましょう。

宅配買取ならリコマースがおすすめ

リコマースはAmazonアカウントと連携して使える宅配買取サービス

Kindle端末をより高く売却したい人にはメルカリをおすすめしますが、人によってはフリマアプリに抵抗がある人もいらっしゃると思います。

そんな方々におすすめしたいのが「リコマース」宅配買取サービス

リコマースはAmazonアカウントと連携して利用できる点に大きな特徴があり、Kindle端末を保有している方とは相性が良い宅配買取サービスです。

リコマース宅配買取サービスを利用するメリットとデメリットがこちら。

メリット
デメリット
  • Amazonアカウントで申し込みができる
  • 送料などがかからない(返送料も無料)
  • やりとりにストレスが発生しない
  • フリマアプリと比較すると買取金額が小さい

メルカリと比較すると、メリット・デメリットが真逆になります。

リコマースは宅配買取なので、フリマアプリで売却するよりも買取金額は少し劣りますが、Amazonアカウントと連携して簡単に申し込みができますし、やりとりが非常にスムーズといったメリットがあります。

Amazonアカウントを利用できるので、個人情報を新たに入力する必要もなく、買取金額の支払いもAmazonギフト券で行われるので、銀行口座の情報を教える必要もありません。

また、荷物を集荷してもらう際に配送料は一切かからず、査定金額の結果に満足できなかった場合でも無料で商品を返送してもらえます。

アーク

私もメルカリでのやりとりに疲れて実際にリコマースでKindle端末を売却した経験があります!

興味がある方は下記の記事で、Kindle端末をリコマースに買い取ってもらった実体験をレビューとしてまとめておりますので、併せてご参照ください。

↑目次へ戻る

まとめ:譲渡するならKindle端末を初期化しよう

以上、Kindle端末を譲渡する前にやっておくべき初期化の設定方法を紹介させていただきました。

Kindle端末の初期化はとても簡単ですし、初期化を行うことで安心して使わなくなったKindle端末を手放すことができます。

Kindle端末は長く使えますし、需要も非常に多いので、身近な人に譲ったり、メルカリなどのフリマアプリ、中古品買取サービスなど様々な方法で譲渡が可能です。

使わなくなってしまったKindle端末があれば、本記事を参考に初期化の設定を行い、中古のKindle端末を必要としている方に譲ってみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次